メニュー

高齢者用・高優賃物件情報

*

高齢になっても
安心できる住まいを

アービックでは、自社管理の高齢者専用賃貸住宅・高齢者向け優良賃貸住宅も取り扱っております。60歳を過ぎた健康な方ならどなたでも入れるため、超高齢化社会に突入してきている昨今、大変人気です。数に限りがあるため、抽選を行うこともしばしばあるほど。高齢者専用賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅に関心がある方、ご希望の方は、ぜひアービックにお問い合わせください。

高齢者専用賃貸住宅について

*

高齢者専用賃貸住宅、通称「高専賃(こうせんちん)」は、高齢者の入居を拒まない賃貸住宅のことを指します。

高専賃は各都道府県に登録された賃貸住宅で、入居者を高齢者に限定していること以外に特別な規定はありません。そのため、バリアフリーでないものから、ケアサービスがあるものまで幅広い物件があります。家賃や前払い家賃の保全義務、共同利用の食堂や浴室の有無などについての情報が公開されていますが、詳細については事業者によってそれぞれです。また、介護サービスは希望により別契約となっています。

なお、高専賃の中には、介護付きの有料老人ホームに近い物件として、「適合高専賃」と呼ばれるものもあります。適合高専賃とは、介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受ける要件を満たした賃貸住宅のことで、介護保険が適用が可能。さらに、高専賃の中でもバリアフリーで緊急時の対応体制がある物件に「高齢者向け優良賃貸住宅」があります。

高齢者向け優良賃貸住宅について

*

高齢者向け優良賃貸住宅は、通称「高優賃(こうゆうちん)」と呼ばれます。建物がバリアフリーで、緊急時の通報設備や対応体制がある高齢者向けの賃貸住宅を都道府県が「高優賃」と認定します。

家賃補助について

*

北九州市では、こうした住宅の建設支援を行い、良好な居住環境を備えた高齢者向けの賃貸住宅の供給促進を目的としています。収入に応じて最大3割超の補助が、建物が完成してから20年間受けられます。市への提出により、所得額証明書に基づいて、市が決定します。

入居資格について

*

申込本人が満60歳以上の単身者。

申込本人が満60歳以上で、同居者が配偶者、若しくは満60歳以上の同居親族等。

必要書類について

*

【提出する書類】

1.入居申込書
指定の様式による入居申込書
2.住民票
申込書に記載した入居予定者全員のもの(続柄の記載されているもの)
3.前年の所得額証明書
入居予定者全員の所得額証明書
4.その他
上記以外に市が求めたもの
閉じる